bio hearts | ビオハーツ | ボディケア&ソウルケア

痛みや不調の原因となる制限から自由になる
制限解放メンテナンス
痛みや不安なく自由に動ける「しなやかな体」に
痛みや不調の原因となる制限から自由になる
制限解放プログラム
〜痛みや不安なく自由に動ける「しなやかな体」に〜

手で触れることで全身から制限を見つけだす「触診」という
手技によって、「制限」を「解放」し痛みなく自由に動ける
「しなやかな体」を取り戻すサポート

手で触れることで全身から制限を見つけだす
「触診」という手技によって「制限」を「解放」し
痛みなく自由に動ける
「しなやかな体」を取り戻すサポート

TRY COUNSELING

お試しカウンセリング

初回 無料

※通常はオンライン3,000円/30分・対面5,000円/30分

5,000円 /30分 ※メンテナンスを行う場合は無料
カウンセリングと検査を行い、今現在体どのような状態で、どこにどのような制限がどれくらい存在するのか、その制限に対しどのような調整がどれくらい必要かをお伝えします。
20,000円 /90分 (カウンセリング・検査込)
慢性的な痛み(頭痛・首の痛み・むちうち・肩凝り・四十肩・五十肩・背部痛・腰痛・膝の痛みなど)や症状(めまい・ふらつき・耳鳴り・便秘・更年期障害など)にお悩みの方にお薦めです。

35,000円 /150分 (カウンセリング・検査込 )
病院での検査でも原因がわからず、様々な治療法を試しても明確な変化や改善が感じられないような、より複雑で根深い問題でお悩みの方にお薦めです。
実際の料金
カウンセリング&検査のみ⇒5,000円
カウンセリング&検査 +レギュラー・メンテナンス⇒ 20,000円
カウンセリング&検査 +アドバンス・メンテナンス⇒ 35,000円
ご紹介カード特典
カウンセリング&検査のみ ⇒ 無料
限定クーポン特典/b>
カウンセリング&検査のみ ⇒ 無料
カウンセリング&検査 +レギュラー・メンテナンス⇒ クーポン記載料金

ご相談の多い症状

頭痛・頭重感/めまい/耳鳴り/便秘/頻尿/ひどい生理痛/異常な不正出血/更年期障害/極度の全身疲労・倦怠感/不眠/目の奥・目の周りの痛み/首の痛み(寝違え・むちうち)/肩の痛み・肩こり・四十肩/腕の痛み・痺れ/手・手首の痛み・痺れ/胸の痛み・痺れ/背中の痛み・張り/腹痛(胃痛・下腹部痛)/腰痛(ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症)/臀部の痛み・痺れ/脚の痛み・痺れ/膝の痛み・痺れ/足・足首の痛み・痺れ

制限解放メンテナンスの料金

■初回カウンセリング・検査

一度相談してみたい

お試しオンラインカウンセリング

3,000円/30分

→ 初回無料(特別キャンペーン)

少し体験してみたい

お試しカウンセリング&全身検査

5,000円/30分

→ 初回無料(特別キャンペーン)

すぐ調整してほしい

メンテナンス(カウンセリング・全身検査込み)

20,000円/90分

※ カウンセリングと全身検査を受けた方には、改善プランをご提案いたします

■2回目以降

一般料金

20,000円/90分

優待料金

15,000円/90分

対象:当院主催のセルフケア・プログラムの受講の方

特別料金

11,000円/90分 x10回

改善プランを実施される方・10回分一括となります

※ 症状の慢性化が強く短い間隔でのメンテナンスが必要な方や、長期間・定期的なメンテナンスをご希望の方にお勧めです

こんな悩みはありませんか?

痛みや症状そのものがつらすぎる
痛みや症状で日常生活に支障がでている
痛みや症状で仕事に支障がでている
痛みや症状で余暇や趣味を楽しめない
あなたを気遣う家族を想うと心がつらい
症状がどうなっていくか不安になる
病院で治療しているが状態は変わらない

これまでに改善された症状

以下は全て当サロンで実際に改善が見られた症状です

※ 効果の感じ方には個人差があり、特定の結果を保証するものではありません

-痺れ

頭の痛み
偏頭痛/緊張型頭痛/群発頭痛/脳動脈瘤による頭痛

目の痛み
ドライアイ/目の周り/奥の鈍痛

顔の痛み
三叉神経痛/顎関節症

首の痛み寝違え
むちうち症/頚椎椎間/ヘルニア外傷性(打撲)

肩の痛み
肩凝り/四十肩・五十肩

腕・手の痛み
テニス肘/腱鞘炎/手根管症候群/ばね指/ヘバーデン結節

胸郭の痛み
肋間神経痛/狭心症

腹部の痛み
胃痛/下腹部痛/子宮の痛み/卵巣の痛み

背中の痛み
肩甲骨と背骨の間の痛み/背骨の痛み

腰の痛み
ぎっくり腰/腰椎椎間関節炎/腰椎椎間板ヘルニア/腎臓由来の腰痛

脚の痛み
坐骨神経痛/腰椎椎間板ヘルニア/脊柱管狭窄症

膝の痛み
変形性膝関節症/半月板損傷

足の痛み
足底腱膜炎/踵の痛み

全身の痛み
線維筋痛症

 

-痛み 

頭皮の痺れ
頭皮神経痛/後頭神経痛

後頭部の痺れ

顔の痺れ
三叉神経痛

首の痺れ

腕の痺れ
頚椎椎間板ヘルニア/胸郭出口症候群

肘の痺れ

手の指の痺れ
手根管症候群

背中の痺れ

臀部の痺れ
坐骨神経痛

太腿の痺れ
坐骨神経痛/腰椎椎間板ヘルニア/脊柱管狭窄症

膝裏の痺れ

ふくらはぎの痺れ

足裏の痺れ

足の指の痺れ


前に曲げられない/後ろに反らせない/左右に倒せない/回せない

肩・腕・手
腕が上がらない/肘を伸ばせない・曲げられない/手首が曲がらない・伸ばせない/指が曲がらない・伸ばせない

背骨
曲がらない/反らない


曲がらない/反らせない

股関節
曲がらない/伸ばせない


曲がらない/伸ばせない

足首
曲がらない/伸ばせない

ストレートネック/斜頚/猫背/側彎/なで肩/いかり肩/反り腰/骨盤の歪み/O脚・X脚/偏平足/セルライト

瞼の痙攣/めまい/ふらつき/耳鳴り/味覚障害/動悸/頻尿/便秘/下痢/こわばり/冷え/浮腫み/こむら返り/高血圧/低血圧/貧血/異様な眠気/全身倦怠感/原因不明の湿疹/痒み

頭・顔
てんかん/顔面痙攣/顔面麻痺/飛蚊症/メニエール症/緑内障/難聴/耳管狭窄症/中耳炎/鼻茸/副鼻腔炎/胸の痛み

下腹部痛/生理痛/月経前症候群(PMS)/生理不順/不正出血/子宮筋腫/子宮内膜症/卵巣嚢腫/不妊症/悪阻(つわり)/逆子/更年期障害

帯状疱疹
怪我(外傷)
可動域制限/瘢痕・手術痕
不全骨折(ひび)
骨折
脱臼癖
捻挫癖
複雑骨折による変形
外科手術
帝王切開

摂食障害
依存症
アルコール/たばこ
うつ
パニック障害
統合失調症

慢性的な頭痛を抱えている方は、肩凝りや首の痛み、腰痛を併発するばかりか、めまいや耳鳴りなど、痛み以外の症状にも悩まされている方が非常に多いです。一体何故でしょう?姿勢が悪いから?体に癖がついているから?確かにそれらは症状にも影響はしますが、本質的な原因ではありません。本質的な原因は、「全体的な自然治癒力が、問題になるレベルまで低下している」ということであり、いくつもの慢性症状はそれを示してくれている重要なサインなのです。

毎日私達の肉体は、傷ついたり古くなった細胞を新しい細胞で入れ替える生理的なサイクルによって維持されています。そして、このサイクルを自然に引き起こし、自動的に維持している力が、誰にでも備わっている自然治癒力です。

この自然治癒力が正常に働くために絶対的に必要な条件は、全身の細胞が正常な代謝活動を維持できる環境です。慢性的な痛みや症状は、細胞の代謝活動を維持できる環境に問題が生じ、自然治癒力の働きが低下していることを示しているのです。

全身の細胞が正常な代謝活動を行うためには、「物資(酸素・栄養・ホルモンなど)の供給」と「老廃物の除去」の交換サイクル細胞と血液の間でスムーズに行われるかどうかにかかっています。

その物資と老廃物の交換サイクルで非常に重要な働きを担っているのが「間質」「間質液」です。血液は血管から出ることができないので、実は直接細胞には届いていません。血管と細胞の間を「間質」がつなぎ、その中を流れる「間質液」が細胞と血管の間を行き来することで物資と老廃物の交換を行っているのです。つまり、間質液がなければ、細胞は代謝を行えません。

間質は「筋膜」とも呼ばれていますが、筋肉だけでなく、骨、内臓、脳、血管、神経など、体内のあらゆる組織と器官を包んでひとつにつなげて全体のバランスをとっています。この筋膜が、脳からの神経伝達だけでなく、脳を中継しない細胞間や内臓間でのコミュニケーションを可能にしていることもわかってきました。

間質(筋膜)が正常でなければ、間質液の流れにも問題が生じ、細胞の正常な代謝は維持できません。つまり、間質と間質液の状態が、自然治癒力の働きに非常に大きな影響を与えるのです。

例えば、心臓を覆う筋膜である心膜に強い負荷がかかって収縮した時、その緊張は筋膜を介して様々な部位に影響を及ぼします。心膜の緊張が頚筋膜に伝わることで首を前にひっぱりこみ、バランスをとるために首は後ろに反り、首が反ることで猫背になり、猫背になることで腰と内臓に負担がかかって緊張します。更に内臓を覆う筋膜の緊張は筋膜の延長である腹壁も緊張させ、腹壁が緊張することで腰部の筋膜に包まれた筋肉の筋細胞の代謝が阻害され、腰痛が起こります。

この時、症状的には首にも肩にも腰にも痛みが出ていますが、痛みが出ている箇所をいくらマッサージしてもすぐにまた症状が再発します。現れている症状は結果であって、原因ではないからです。筋肉の緊張や体の歪みも結果であって、原因ではありません。

また、間質と間質液の状態は、自律神経を介して心や精神の状態と強く結びついています。不安や恐怖などの感情で心がいっぱいになって緊張し続けきた方の間質液は、熱や流動性を失います。そうなると、水も流れなければ澱んでいくように、回収されなければならない間質液の中の老廃物が間質の中に留まり、蓄積していくことで間質の組織が徐々に変性していきます。変性した間質と間質液の流れは自律神経に不必要に刺激するため、自律神経が誤作動を起こすようになるのです。そして、日常的な心の状態が間質と間質液の状態を変えてしまうことで、体では自然治癒力の低下が起こるのです。

このように、間質液の流れに問題が生じ、自然治癒力が働けない状態になっている部分を「制限」と呼びます。いくつもの慢性症状を抱えている方の体では、上記の例のような「制限の連鎖」が生じており、それによって全体的な自然治癒力の低下が起こっており、この全体の状態を「未病」と呼びます。つまり、制限の連鎖」によって全体の自然治癒力が低下した「未病」の状態になっているため、「いくつもの慢性症状」が生じているのです。どこかの筋肉を緩めたら症状が消えるという単純な話ではなくなっているのです。

そのため、いくつもの慢性症状を抱えた状態を変えて、全体の自然治癒力を取り戻すためには、何重にもなった制限の連鎖を丁寧に読み解き、解除していく必要があるのです。

What is Osteopathy?

オステオパシーってなに?

オステオパシーによるアプローチ

ビオハーツで行う制限解放メンテナンスの基盤となっているのは、オステオパシーという手技を用いる自然医学です。

手で全身をくまなく触診することで、自然治癒力の働きを妨げている部位(制限)を見つけ出します。

触診で調べるのは筋肉だけでなく、筋膜と呼ばれる全身をひとつにつなぐ組織や、その中を走る血管・神経・リンパ管、骨や内臓や脳など、制限が存在し得る全身のあらゆる組織の状態を確認します。

制限が適切な方法によって解放されることで、抑制されていた自然治癒力が巡りだし、体全体が自然にバランスを取り戻します。

 

Core Method

アメリカ発祥の自然医学・

世界におけるオステオパシー

オステオパシーは、人間は身体性・精神性・霊性から成りたち、身体的・精神的・霊的な次元でのバランスを回復するためのサポートを行うという考え方を中心に据えた「自然医学」であり、アメリカの医師・Andrew Taylor Still博士によって創始されました。

現在は発祥の地アメリカばかりでなく、ヨーロッパやロシアでも数多くのオステオパシー医科大学が設立され、特にアメリカやロシアでは一般の医師と同等の国家資格として認められています。

日本では法制化は進まずまだまだ認知度も低いですが、WHOでもプライマリーケアや予防医学として認められ、特に健康に関する意識の高い有識人たちからの注目を集めています。

VOICE

体験者の方の声

Sさん(40代女性・俳優業)

2012年の秋に突然下血がはじまり、不安になって病院で検査を受けたところ潰瘍性大腸炎(難病)と診断されました。

それから毎日出血が止まらず、病院で処方された薬は飲みたくなかったため、大腸に良いと言われるもはすべて試してました。酵素断食、オゾン療法、各種ヒーリング。しかし、症状を抑えることはできても出血は続いた状態でした。

そんな状態で5年が過ぎました。 そして2017年1月あたりから、出血が酷くなってきたのと同時に貧血のため、立ちくらみが増えて、普段の生活がきつくなってきました

身体は疲れやすく重くなって力が出なかったり、精神的にも落ちこむ日々が続いていた時、ソウルケアを受けました。

ソウルケアの1回目。院長に「脳が萎縮している状態でした」と言われました。 施術中、私も脳が萎縮していたのがハッキリ感じられ、それが緩んでいくのを感じてました。そして長年どうにもならなかった身体の重みが抜けていき、施術後身体が物凄く楽になったのです。

ソウルケア 2回目 。1ヶ月後 、「胃の状態から腸にきてますね」と院長に言われました。

施術後、 子供の時、何か小さな悩みでもあると胃が重くなり全く食べれなくなってた過去を思い出し、今度は全く忘れていた感覚が蘇り、自分の中で解放が起きました。 身体とソウルといかに密接なのかこの日あらためて感じました。

大腸が悪いとばかり思っていたら、直接大腸だけの原因ではなかったのです。 そして2回目のソウルケアから1ヶ月、ふと気がつくとまったく出血が無くなっていたのです。 貧血もなくなりました。 あれから1年以上経った今も、症状は全く出ていません

私にとってソウルケアは、病気だけでなく自分のこれまでの生き方を立ち止まり、自分が身体を大事にする事まで思い出させてくれました。 そして、身体に対して無頓着だった私は、身体というものがどれだけ素晴らしいかを気づかされ、自分でも教わったケアをするようになりました。

本当にありがとうございました。

Iさん(50代女性・会社員)

頭痛がとにかくひどくて、痛みがはじまってしまうと何もできませんでした。あまりに痛みがひどいのですが、家族にそのつらさをわかってもらえなくて、うつになってしまい、治療に専念するために仕事も休職しました。

こちらには友人の紹介でうかがったのですが、薬も効かないような状態だったので、正直あまり期待していませんでした(ごめんなさい!)。でも施術が始まると、頭を触っているわけでもないのに頭が楽になってきて、気がついたら眠ってしまっていました。いつも頭痛でほとんど眠れないし、眠っても痛みで目が覚めてしまっていたので、施術が終わるまで熟睡していたことが驚きでした。

今ではもうすっかり頭痛はなくなり、無理をするとちょっと痛みがでそうになりますが、教わったセルフケアを行うと楽になります

痛みがなくなったらうつも治ってしまい、仕事にも復帰できました。本当にありがとうございました!

私と同じようにひどい頭痛で悩んでいる方は、諦めずにぜひご相談されてみてください。

Yさん(30代女性・会社経営)

ビオハーツでケアを受け始めてから約7年ほどが経ちます。

きっかけは胃の不調で病院にいった時に出された薬が体に合わず、痛みが継続する中、病院も薬も頼れない状態で藁をもすがる気持ちでうかがいました。

当時は自分の体の状態に疎く、胃の不調も一時的なものと感じていましたが、院長の診察を受けて慢性的なものであることがわかりました。

無理なスケジュールをこなすことが多かったため、過労で月に何度か倒れることもあったのにも関わらず、自分の体には何の問題もないと思い込んでいました。

ケアを受け始めて最初に感じたのは、体と心の感覚を取り戻していくということでした。
無理をして忙しく走り続けてきたことで身体を酷使して、麻痺させてきたことが理解できました。

身体の感覚が通常に戻ってくると、体のあちこちの痛みや不具合を自覚するようになりました。

ある医療関係者の方に、このまま無理をすると胃の病気になる寸前だと言われたときには全く自覚できませんでしたが、ビオハーツに通いはじめて病気になる手前であったことが自分でも理解できました

月に1度のペースでケアを続けながら、セルフケアの手法を学んで自分でも日々ケアをするようになりました。

それから7年のあいだ、体調を崩したことが一度もありません。
未病の段階とも言えるようなひどい状態を自覚できずに無理を続けていましたが、今では少しの変化も逃さず自分で気づきケアできるようになりました。

しかし日々ケアをしていても、月に1度診察に伺うと、自分では気づくことのできない深い部分の調整をしていただけるので、メンテナンスとしてとても重要だと感じています。

7年間で私が実際に改善や変化したこと。
・極度の胃痛の完治
・強い歯ぎしりと頭痛が完全になくなった
・背骨の歪みが治り、自分でも少しの歪みがわかるようになった
・体質が根本から改善し疲れにくくなった
・風邪を全くひかなくなった
・免疫力が高くなった

体調以外の変化。
・体の仕組みと体と心の連動が理解できた
・思考が明晰になった
・精神的なスタミナがつくようになった
・無理な生活習慣や働き方を改善できた
・夫婦でケアし合えるようになった
・薬に頼らなくなった

7年も通うと、自分の身体のどの部分がどんな風に不調が出ているかだけでなく、精神的なコンディションが身体と関連しているということも少しずつわかるようになりました。

精神状態と身体の関係性がわかるようになってからというものの、違和感が回復するスピードやケアの方法が明確にわかるようになりました。

長年通ったこととケアの手法を学んだことで、家族や友人の不調にも基本的なことであれば活用できるようになりました。

私のように心身の不調を感じることもできず、活動的でポジティブ思考の人ほど、ビオハーツでケアを受けることをお勧めします。
行動的な人ほど不調の蓄積と麻痺が進行しているので、大きな病を発病してから気づくことになりやすいのではないかと思います。

体調が崩れてからではなく、メンテナンスとして通うことの大切さ、また任せるだけでなく自分自身も心身の仕組みについて知ることが重要だと教えられました。

7年間通ったことで身についた理解や意識は、これからの人生の中でもずっと役立つと感じています。

ご予約当日の流れ

※ 初めてお申込みされる方はご一読ください

① ご来院&問診票記入

開始時間の5分前を目安にお越しください。 ※初めてのご来院の場合は問診票に必要事項をご記入いただきます

② カウンセリング

問診票にお書きいただいた内容や、前回の調整の後の経過を元に、状態の確認を行います。 ※ 写真はイメージです (通常はマンツーマンで行います)

③検査

視診・触診・可動性検査などを通して現在の状態を確認し、アプローチすべき優先順位を調べます。

④状態の確認と方向性の決定

現在の状態をお伝えし、その上でどのようにメンテナンスを進めるかを決定します。

⑤ 施術

決定した方向性に基づき、施術を行います。

⑥ 状態の再確認と解説

メンテナンスを行ってみての反応を確認し、結果をお伝えします。

⑦ アドバイス

症状の改善や状態を維持していくためのセルフケアとアドバイスをいたします。

⑧ お会計

今後のプランのご相談の後、お会計となります。 ※ 写真はイメージです

PROFILE

庵原 央

Hiroki Ihara

ボディケア&ソウルケア ビオハーツ院長
Japan College of Osteopathy認定オステオパス

日本で最初に創設されたオステオパシー専門学校を卒業後、数年間に渡り毎年海外での研修に参加し、世界でもトップクラスのオステオパス(オステオパシー医)に師事。今最もオステオパシーが盛んなフランスの大学と提携したオステオパシー専門学院でも学ぶ。特別養護老人ホームにて5年間に渡りオステオパシーの考え方に基づいた機能訓練と緩和ケアを実施すると同時に、様々な難病や重度の疾患に対する経験を積む。生後まもない乳幼児から100歳を越えるご年配の方まで、あらゆる年齢層に対してケアを実施。