カテゴリー別アーカイブ: セミナー

セルフソウルケア・プログラム

For the Progression in your LIFE 

「私の世界」であるソウルを、徹底的に平和で快適にするために

セルフソウルケア・プログラム

私は「私の世界」の王

現在、地球では様々な問題が勃発しています。しかし誰もが、自然と共存し、平和で安全で幸せに暮らせる世界であってほしいと願っているはずです。この世界は、あらゆる存在によって共有された「みんなの世界」ですが、ひとりひとりの「私の世界」の集積であるともいえます。「私の世界」は、私が実際に観て感じている世界。つまり、みんな別々の「私の世界」に住んでいるのです。「私の世界」の最高権力者は私。つまり私は「私の世界」の王。「みんなの世界」を一気に変えようとしても非常に難しいですが、私が統治する王国である「私の世界」を最高の王国にすること、つまり「私の世界の平和」は、実現可能です。ひとりひとりの「私の世界」を平和にすることが、「みんなの世界」の世界平和の実現につながります。逆に、「私の世界」の平和を実現できないのなら、「みんなの世界」の平和など到底実現できません。

最大にして最強の世界貢献

「みんなの世界」も視野に入れながら、まず徹底的に「私の世界」を平和で快適にすること。これこそが、私達個人にできる最大にして最強の世界貢献です。そして、「私の世界」とは、「私のソウルそのもの」です。私が観て感じているこの世界は、私のソウルそのものなのです。「みんなの世界」で起こった出来事を、私達は自分のソウルを通して受け取ります。だからこそ、同じ事象でも受け取り方はひとりひとり異なるし、それがもつ意味合いも変わってきます。また同じ人が同じ事象に遭遇しても、ソウルが荒んだ状態だったとしたら受け取り方が変わってしまいます。そしてもし、あなたが自分のソウルを徹底的に平和で快適な状態にすると決めたなら、「私の世界」は確実に変わります。そして、ソウルを徹底的に平和で快適にするために、ソウルケアが必要なのです。

ソウルは、地球そして自然そのもの

「みんなの世界」には、自然界も含まれます。そして「私の世界」、つまり私のソウルは自然界とつながっています。なぜなら、私達に見えている、感じている世界はソウルそのものであり、見えている、感じているものは肉体を含め全ては地球(ガイア)の産物だからです。例え人工物であれ、地球に属さないものはひとつも存在しません。つまり「私の世界」すなわちソウルは、地球そして自然そのものでもあるのです。「私の世界」を平和で快適にすることは、ソウルを徹底的にケアすることであり、それは地球と自然界を平和にすることにつながるのです。

ソウルの制限

姿かたちは見えませんが、ソウルは非常に繊細です。生きているだけで、ソウルは常に働いていおり(ソウルが働いているから生きていられる訳ですが)、常に負荷がかかっています。そしてソウルにかかる負荷はやがて「ソウルの制限」を生じます。ソウルの制限は、文字通りソウルのエネルギーの動きを制限するため、ソウルの状態の反映である肉体や人生にまで影響が及びます。

  • 改善しない心身の不調
  • 停滞したパートナーシップ
  • 原因不明の不安と焦燥感
  • 人生への行き詰まり感
  • 生きていることに対する無感動

もしこうした問題を抱えているとしたら、それはソウルの制限によるものかもしれません。

ソウルの制限の蓄積

ソウルの制限はいきなり重症化はしません。でも意識を向けてケアしない限り、ソウルの制限は増え続けるだけでなくソウルに定着し、やがて心身だけでなく人生の状態にまで影響を及ぼします。

これまで、ソウルを意識したこともケアしたこともほとんどないはずです。多くの場合、ソウルには膨大な量の制限が蓄積しています。その膨大な量のソウルの制限を一回のセッションで全て取り除くことは残念ながら不可能です。個人差はありますが、そもそもソウルの制限は生きている限りどうやっても発生します。それも必要があって起こることなので、日々少しずつでも自分自身のソウルと向き合う意識と根気が必要なのです。

 

ソウルの状態が、人生に反映される

ビオハーツではお馴染みの台詞ですが、人生はソウルの状態を映し出しています。私達のソウルは日々傷つき、疲弊し、擦り減り、涸渇します。今問題を抱えているなら、自分自身のソウルと向き合うべきです。しかし、もし常に十分にソウルケアを行っていたら、それも人生に反映されます。

見えている世界だけで物事が完結しないことを知っている有識者は、人生の問題解決の手段としてだけでなく、人生を加速しステップアップさせるためのツールとして、ソウルケアを活用しています。あなたが今伸び悩んでいるとしたら、必要なのはソウルケアかもしれません。

人生、そしてそれ以上を変える

私達ビオハーツは「ソウルケア」を提唱し、実践しています。

なぜなら、ソウルケアを続けることで蓄積されたソウルの制限が解放され、心身の健康のみならず、恋愛やパートナーシップを始めとする様々な人間関係や仕事面や生活面など、人生のあらゆる側面においてポジティブな変化が訪れるからです。

また、ソウルケアは個人レベルの話では終わりません。ひとりひとりが行うソウルケアは個人の領域を超えて、家族やより大きなコミュニティの状態にも大きな影響を与えます。

更に、ソウルケアが与える影響の範囲は人間だけの話ではありません。人間と自然・地球との関係を見直し、自然や地球をより良い状態にしていくためにソウルケアは重要な役割を果たします。 (このメカニズムについては講座にて)

しかし、ひとつ重要な要素があります。それは、ソウルケアはまず、自分自身で行う必要があるということです。

なぜ自分で行う必要がある?

心理学でよく言及される「ジョハリの窓」はご存知でしょうか?心はソウルの機能の一部なので、ジョハリの窓はソウルでも当てはまります。

自分の認識
他人の認識
自分でわかる 自分でわからない
他人に
わかる
開放の窓
公開された自分
盲点の窓
他人だけが知る自分
他人に
わからない
秘密の窓
自分だけが知る自分
未知の窓
誰もわからない自分

この表の中の「秘密の窓」の領域は、自分でしかアクセスすることができません。つまり、このソウルの領域は自分でしかケアすることができないのです。生命ある限り、あらゆる人にソウルケアは必要です。しかし、たとえプロフェッショナルであれ、認識できない「秘密の窓」のソウルの領域にはアクセスすることはできないのです。これが、セルフソウルケア・プログラムを開催する必要がある理由のひとつです。

まず、できる範囲を自分で

なんとなく心身の不調を感じても、そのうち治るだろうと放置する… 放っておいてもなかなか良くならないし、よくわからないからとりあえず病院に… 病院で診てもらうけれど、検査では問題ないと言われてまた結局よくわからないまま放置… 病院で異常がないと言われたからそれ以上どうしようもない…

でも、これは病院が悪いのではありません。病院には病院の役割があります。病院は「疾患・怪我を治療する場所」です。つまり、病気でも怪我でもないのに、病院に行ってもダメなのです。疾患ではなくても確実に不調はあります。それがソウルで問題が生じている状態です。しかしこの状態は病気でも怪我でもないので、残念ながら病院では扱ってもらえません。

そんな時にこそ、自分で自分のソウルの状態に気付き、できる範囲で自分で対処するためにセルフソウルケアが必要なのです。

ソウルケアで最も重要なこと

ソウルケアを行うにあたり、最も重要なことは「意識を届けること」です。私達の意識の大半は視覚によって方向付けられます。ただ、残念ながらソウルは目に見えません。見えないものに意識の光を向け、その光を隅々にまで届けるのは、特に最初はかなり大変です。しかし、意識の光を向けることで、今まで蓄積してきた膨大なソウルの制限が明確になってきます。

そして、日々ソウルに意識の光を向け続けて少しずつ意識の光を広げていくことで、蓄積された膨大な量の制限も徐々に解放されていきます。大事なのは、少しずつでも良いから継続することです。

ソウルの暗闇に光を届ける

なぜ意識が届くことが大事なのか?見えないソウルの世界では、意識が「光」です。意識が向かない限り、ソウルの大半は暗闇のまま。その暗闇が今一体どんな状態になっているのか、想像がつきますか?ソウルの陰に押し込めた感情や思念は、意識の光が当たらない限り、いつまでもソウルの中に居座り続けるだけでなく、ソウルのスペース(空間)を占有し続けます。

ソウルのスペースを取られることはソウルにとって負担であり、気付いていないだけで恐ろしく足を引っ張ることなります。だからこそ、意識を拡張させ、ソウルの中に意識の光が届く範囲を広げていく必要があるのです。

セルフソウルケア・プログラムに参加すると…

意識が届く範囲が拡張される

瞑想

肉体とソウルをつないでいるものに、感覚と意識があります。意識には、感覚と受動的に連動する側面と、感覚を使って能動的に拡張していく側面があります。

どちらもソウルの機能であり、どちらも重要なのですが、多くの人はこのどちらもある程度しかつかえていません。人生の基盤となる肉体とソウルを繋げる感覚と意識を、セルフソウルケアを通して強化していきます。

人生を味わう感覚が磨かれる

ソウルの状態が変わることで、同じ食事でもとてつもなく美味しく感じたり、全く味がしなくなったりもします。私達を取り巻くこの現実は、自らのソウルの状態が反映されたもの。ソウルが濁った状態では人生を味わい尽くすことはできません。

いつでも自分でソウルをリセットする方法を身に着けておくことで、人生の充実感と密度が別物になります。

進化し続ける肉体が手に入れる

ソウルのエネルギーが届かない領域が肉体に反映されることで劣化・老化が始まります。特に、受け取れる感覚が減少していくことで意識が退縮し、意識が届かないところから肉体は劣化していきます。

感覚と意識が進化と成長を続けることで、肉体的にもソウル的にも衰えない、常に上昇の螺旋階段を登ることができるのです。

カリキュラム(2日間)

1日目(前半)

  • ソウルの概念
  • ソウルケアの基本概念
  • ソウルとカバラ
  • ソウルと四大元素
  • ソウルと幾何学の関係
  • カバラでみる肉体
  • カバラでみる真体
  • ソウルと自然界の関係
  • ソウルと地球の関係
  • ソウルと筋膜の関係

1日目(後半)

筋膜

  • 筋膜とは
  • 筋膜の特徴と特性
  • 筋膜の働き
  • 筋膜の種類
  • 筋膜の触診
  • 筋膜の制限
  • 筋膜の制限の触診
  • 筋膜の検査方法
  • 食と筋膜とソウルの関係

2日目(前半)

  • 筋膜の制限の解放
  • 解放のためのセッティング
  • 制限の解放(実践)
  • 筋膜の制限とソウルの制限
  • ソウルケアのタイプ
  • ソウルの触診
  • ソウルの制限の触診

2日目(後半)

  • セルフソウルケアの基本セット
  • 自分で行う浄化
  • 自分で行う解放
  • 自分で行う賦活
  • 自分で行う保護
  • 実践

開催者からのメッセージ

このプログラムの価値

この講座でお伝えするセルフソウルケアは、一度身に着けてしまえば年齢も関係なく、一生涯使うことができる知識と技術です。

私達は、生きている限りソウルケアは必須だと考えます。しかし、ソウルケア提供者が少ないことも確かですが、ここまでお読みいただいた通り、まずは自分で行うこと自体に意味があります。

ソウルケアは自分自身と向き合うこと。自分自身と向き合うことの先に、人生における進化と成長が起こります。逆に言えば、どれだけ条件が揃っていても、自分自身と向き合うことを避けていれば進化も成長もストップしてしまいます。

人生の問題を解決・改善するために、更に人生を前に進めるために、セルフソウルケアは習得しておいて絶対に損はないどころか、確実に人生の豊かさに貢献してくれます。

ソウルケアとパートナーシップ

先日開催した「ソウルの解剖生理学:恋愛&パートナーシップ編」にご参加いただいた方には、すでに予習ができている状態なので、特にこの講座の受講をお薦めします。講座でもお伝えした通り、ソウルの状態はパートナーシップの在り方に直結します。そしてパートナーシップが崩れていたら、その先にある人間関係や仕事、お金のことでなんらかの問題が起こります。

「ソウルの解剖生理学:恋愛&パートナーシップ編」でお伝えした問題に対し、セルフソウルケアを身に着けることで、明確に自覚しながらソウルの状態を自分自身で直接メンテナンスすることが可能になります。これは、一生ものの財産です。

プロフェッショナルを目指す方へ

セルフソウルケアは重要です。しかし、先程のジョハリの窓からもわかるように、自分では気付くことができない「盲点の窓」も存在します。つまり、他人にしかアクセスできない領域、自分自身ではどうにもならないソウルの領域も確かにあるのです。だからこそ、専門家としてソウルをケアすることができるソウルケア・プロフェッショナルの存在も必要なのです。

今回のプログラムは以前開催していたビオルミクス・ベーシック(ビオルミクスはソウルケアを実現するためのひとつの手段)の内容を一部含んでますが、全く違う内容もカバーしています。まだ時期は未定ですが、プロフェッショナルとしてソウルケアを提供するための講座も現在構築中です。もしプロフェッショナルを目指す気持ちがある方は、セルフでのソウルケアは必須となるので、セルフソウルケア・プログラムの受講を強くお勧めします。

セルフソウルケア・プログラム

講師 庵原大熙
庵原朋弥
日時
(週末版)
2017/09/09(土) 10:30-17:30 
2017/09/10(日) 10:30-17:30 
会場 ビオハーツ三鷹サロン
受講料 91,800円(税込) 
 定員 10名

お申込み確認メールの受信について

お申込みの後、遅くとも翌日までには
必ず「お申込み確認メール」を送信します。

このお申込み確認メールが届かない場合、
フォームの不具合で申込みが届いていない、
あるいはこちらからのメールが
「迷惑メール」として処理されている
可能性があります。

実際、後者のパターンが圧倒的に多いです。

迷惑メールとして処理されている場合、
再度こちらからメールを送っても
同じ結果になってしまうため、
お申込み確認メールが届いていない場合は、
大変お手数をお掛けしますが、
必ず迷惑メールフォルダをご確認ください。
よろしくお願い致します。

領収書が必要な方へ

基本的には各金融機関発行の振込明細票が
正規領収書としてご利用いただけますが、
必要な場合は電子領収書にて発行致します。
必要な方は申込フォームにて選択してください。
また、領収書の「宛名」も明記してください。

当日受付にての領収書の発行は致しかねます。
また、クレジットカードでのお支払いの場合、
領収書は発行できませんので、
領収書が必要な方は必ず振込をご利用ください。

講座開催一週間前までにご入金を完了し、
メールにてご連絡ください。
確認後に電子領収書のダウンロードURLを
メールにてお知らせ致します。

ソウルの解剖生理学に参加された方へ

5/28(日)に開催された「ソウルの解剖生理学:恋愛&パートナーシップ編」にご参加いただいた方は、特典コードの入力をお忘れなく!

リザーブストックをご利用の方

リザーブストックでのお申込みはこちら

 

お申し込みフォーム