脳特化プログラム

脳細胞の老廃物を取り除く

脳の状態の鍵を握るのは、脳脊髄液の流れ

脳特化ビオルミクス

こんなことに心当たりはありませんか?

  • どんなに休んでも疲れが抜けない…
  • 目の奥がいつも痛い…
  • 頭の中心が重くてだるい…
  • 頭の奥が重くてすっきりしない…
  • 頭がとにかく疲れている…
  • 気がつくと肩や全身に力が入っている…
  • 歯ぎしりがひどい…
  • 顎関節がおかしい…
  • やる気がだせない…
  • 最近鏡で見る顔がイケてない…

それは、脳の老廃物のせいかも

上記の症状に心当たりがあるとしたら、
あなたの脳の疲労度はかなり高いです。

なぜ脳が疲れてしまうのか?それは、
脳のクリアランス・システムの弱化による、
老廃物の蓄積によるものかもしれません。

脳脊髄液が、脳細胞の老廃物を洗い流す

脳のクリアランス・システム

脳の老廃物

毎秒、脳には凄まじい量の情報が流れ込み、
信じられない程の速度で処理しています。
脳がたった1秒で行う情報処理が、
世界最高のコンピューターを駆使しても
40分もかかると言われています。

この膨大な情報処理を行う過程で
脳細胞からは大量の老廃物が排出されます。
誰しも毎日睡眠が必要となるのは、
睡眠中に老廃物を除去するためである、
とも言われています。

睡眠中にこの老廃物を洗い流し、
脳細胞の恒常性を保ってくれるのが
脳脊髄液(Cerebral Spinal Fluid = CSF)
です。

脳と脊髄は硬膜で覆われており、
脳脊髄液は硬膜の中を、
そして脳と脊髄の中も満たしています。

脳脊髄液が脳内の老廃物を除去

ニューロン

以前は、脳内に脳脊髄液が
ジワジワと浸透し、拡散によって
脳細胞内の老廃物を除去していると
考えられていました。

しかし、拡散だけではなく、
Glymphatic システムにより
脳脊髄液を能動的に動かすことで
脳細胞内の老廃物を洗い流していることが
近年明らかになりました。

洗い流される老廃物の中には、
アルツハイマー病の発症に関連がある
とされているアミロイドβも含まれています。

Glymphatic システム

Glymphatic システム

Glymphatic システムは
脳動脈の周りを覆う脳脊髄液の通り道から
ポンプ作用で脳脊髄液を脳細胞内に放出し
脳細胞間の老廃物を脳脊髄液の流れに乗せ
脳静脈の周りの脳脊髄液の通り道に押し流し
老廃物を除去する循環システムです。

このシステムは拡散よりも遥かに強力に
脳細胞内の老廃物を洗い流してくれます。

しかし、このGlymphatic システムが
正常に機能していない場合、
脳細胞内に老廃物が蓄積していきます

脳に老廃物が蓄積する要因

あなたの脳でも起こっています

① 脳への負荷

脳への負荷、特に睡眠不足
Glymphaticシステムに
多大な悪影響を与えます。

睡眠中、脳細胞(グリア細胞)が
覚醒時の60%収縮します。
これにより、脳細胞間に
脳脊髄液が流れる隙間が確保され
脳脊髄液が自由に流れ、
Glymphaticシステムが覚醒時の
10倍も活性化します。

脳内ホルモンである
ノルアドレナリンは
緊張時に分泌され、
グリア細胞の収取を妨げます。
つまり緊張状態が続くと
Glymphaticシステムは
正常に機能できなくなります。

② 全身の制限

心理的な緊張や葛藤は
ライトボディの負荷となり、
そうした状態が長く続けば、
ビオボディでは
炎症が起こり始めます。

炎症によって生じる制限は、
全身の物理的な負荷を増やし
結果的に更なる緊張を生じ、
制限が制限を生むことに
つながってしまいます。

制限は身体のどこにあっても
筋膜のつながりを介して
硬膜を緊張させ
脳脊髄液の波動に
大きく影響を及ぼします。

③ 脳脊髄液の停滞

脳への負荷や全身の制限により
脳脊髄液の流れが阻害され、
脳内の老廃物が除去しきれず
老廃物が徐々に
脳細胞間に蓄積していきます。

つまり、
脳のクリアランス・システムが
機能不全を起こすことで、
脳細胞間に
老廃物が蓄積していきます。

④ 症状の見逃し

脳細胞間に老廃物が蓄積すると
初期状態では、頭痛や疲労感、
倦怠感、頭重感等の感覚異常、
更にその状態を放置すると
耳鳴、頭鳴、めまい等の
症状が生じます。

かなり不快な症状なので、
生活や仕事にも影響をでます。

その状態を更に放置し続けると、
より大きな症状や疾患に
発展していく可能性があります。

脳特化プログラムによって得られること

① 脳の老廃物除去の促進

② 繊細な触診による脳の状態の把握

脳特化プログラムでは、脳の触診を通して 脳脊髄液の流れを妨げている制限を特定します。 脳の触診と言っても、 脳は頭蓋骨に覆われているため、直接触れることは叶いません。 頭蓋骨の先に力のフォーカス(焦点)を合わせることで、 間接的に触診します。 この触診には高い集中力が必要となります。

③ 脳の制限部位の特定

解剖学的に脳の構造を把握することで 頭蓋骨の外からの触診でも 脳の制限がどの部位にあるかを 見つけることが可能になります。 実際に海外で解剖を行った経験と日々の研究と鍛錬によって、 脳の細部と深部へのアクセスが可能となりました。

④ 脳のソウルの調整

手で脳の触診や調整を行うこと自体かなり珍しいですが、 ソウルの調整を先に行わなければ、 構造的・機能的な調整は十分な効果を発揮できません。 ソウルケアでは、ソウルの調整をまず最初に行います。

脳のクリアランス・システムを再起動する

脳特化プログラムのステップ

ステップ① 全体調整

全身からの脳への負荷を減らす

全体調整まず全身の検査と調整を行い、脳頭蓋脳脊髄液の流れに強く影響を及ぼしている制限を解除します。

ステップ② 浄化 その①

脳のエネルギー体の浄化

浄化①制限を解放するための準備として脳のエネルギー体を浄化します。エネルギー体の制限を浄化し、ノイズを除去することで脳頭蓋の制限の解放がスムーズになります。

ステップ③ 解放

脳脊髄液を停滞させる制限を解放する

解放脳脊髄液の流れを阻害する制限は、頭にだけあるとは限りません。まず全身を検査し強い制限を解放し、それから脳頭蓋の制限の解放します。制限の解放は、まず最も外側の制限を解放し、それが終わったら次の層へ移ります。検査項目が非常に多いため、脳の奥まで解放するには最低でも3回のセッションが必要です。

ステップ④ 調律

脳脊髄液の流れをバランシングする

調律脳内の老廃物の除去をスムーズに行うために、手技でのアプローチによって脳脊髄液の流れと波動を適正な状態へと調律します。

ステップ⑤ 浄化 その②

蓄積している老廃物を洗い流す

浄化②脳脊髄液の産生を促し、波動を強化することで脳細胞間に溜まっている老廃物を洗い流します。

ステップ⑥ 賦活

脳脊髄液の流れを活性化する

賦活脳脊髄液の流れと波動をしっかりと活性化しておくことで脳細胞間の老廃物が洗い流されやすくなるだけでなく全身の生命力がアップします。

脳特化プログラムの検査項目

Level 1:頭蓋・硬膜

全身 骨格
関節

筋膜
隔膜
頭蓋 頭皮
縫合
骨膜
脳頭蓋
・前頭骨
・頭頂骨
・側頭骨
・後頭骨
・蝶形骨
・篩骨
顔面頭蓋
・上顎骨
・下顎骨
・頬骨
・涙骨
・鼻骨
・鋤骨
・下鼻甲介
・口蓋骨
硬膜 脳硬膜
脊髄硬膜

Level 2:大脳皮質・大脳辺縁系・小脳

全身 骨格
関節

筋膜
隔膜
大脳皮質 大脳
・前頭葉
・頭頂葉
・側頭葉
・後頭葉
脳梁
大脳辺縁系 帯状回
偏桃体
海馬
海馬傍回
側坐核
大脳基底核 線条体
淡蒼球
視床下核
黒質
小脳  

Level 3:間脳・脳室・脳幹

全身 骨格
関節

筋膜
隔膜
間脳 視床
視床下部
松果体
脳下垂体
脳室 側脳室
第三脳室
第四脳室
脳幹 中脳

延髄
脳動脈 ウィリス動脈輪

脳細胞の老廃物を解消すると…

  • 全身の疲れが抜けやすくなります
  • 目の奥の痛みが軽減します
  • 頭の中心の重さが軽減します
  • 頭の疲労感が軽減します
  • 全身が緊張しにくくなります
  • やる気が復活します
  • 目が開くようになります
  • 緊張が緩み切迫感や焦燥感が軽減します
  • 落ち着いたフラットな状態を維持できます
  • 自分の軸が整います
クリア

メニュー

脳特化プログラム Level 1 35,000円
脳特化プログラム Level 2 35,000円
脳特化プログラム Level 3 35,000円
脳特化プログラム Level 1-3 90,000円(一括)
96,000円(分割※)

※ 分割払いについて
分割払いはクレジットカードのみとなります。
6ヵ月以内で設定した期間中、
毎月決まった日に一定額がご請求されます。

ご予約・お問い合わせフォーム