目の奥の鈍痛と頭痛

眼窩と筋膜(C)ネッター解剖学図譜より引用

ボディ&ソウルケアサロン
ビオハーツ院長の大熙です。

今回のご相談者は30代男性。 

一日中PCを使う仕事のためか、 
目の奥の鈍痛と頭痛がずっと続いており、
仕事にも集中できず気が滅入るとのこと。 


一般的な見解

一言で目の痛みと言っても、 
病理的な原因は複数考えられます  

① 眼精疲労 
② 緑内障 
③ 副鼻腔炎 
④ 三叉神経痛 
⑤ 群発性頭痛 
⑥ 脳腫瘍  

また、目の奥の痛みは 
自律神経失調症が関係している、 
とも言われます。 

なのでまず、医療機関を受診し、 
こうした疾患ではないことを 
最初に確認する必要性があります。 

この男性は先に病院を受診しており、 
上記のような疾患ではないことを 
確認済みでした。 


オステオパシー的な見解

締め付けられるような頭痛 
の記事でもでてきた硬膜が 
このタイプの頭痛にも関係してきます。 
目の痛みだけでなく頭痛を伴うのも 
硬膜が関係するからです。 

脳と脊髄を覆う硬膜は、 
筋膜を介して眼球にもつながっています。 
硬膜は筋膜の一部であり、 
全身の筋膜との間でバランスをとってます。 

この男性の場合もそうでしたが、 
全身の筋膜に制限が存在すると、 
筋膜→硬膜を緊張させます。 

硬膜が緊張することで眼球し、 
眼球は余裕がない状態にになります。 

この状態が通常状態で、 
ここに疲労が蓄積してくると 
眼球へ伝わる緊張が高まり、 
相対的に眼圧が上昇します。 

つまり、筋膜と硬膜の緊張により 
緑内障に近い状態が作られるのです。 

また、 
緊張状態にある眼球では代謝が阻害され 
眼精疲労が起こりやすい状態になります。 

まだこの段階では 
病理的な変性は起こっていないので、 
医療機関を受診しても診断はつきません。 

しかし、この状態を維持することは 
当然ながらあまりお勧めしません。


ビオルミクス的な見解

この男性のケースでは、 
針のようなエネルギー的構造物が 
何本も目に刺さっていました。 

傾向として、 
緊張が強い部分のライトボディには 
「何か」が刺さっていることが多いです。 

体に何かが刺されば腫れて緊張します。 
ライトボディでも同じことが起こるのです。


実際の処置

全身の筋膜の制限を解放し 
硬膜→眼球への緊張のトーンを下げ、 
目に刺さった「針」を抜くことで 
目の奥の鈍痛と頭痛はほぼなくなりました。  

目の奥は触れるわけにもいかないので、
本当にどうしようもなくてつらかったそうです。

目に症状がでているということは、 
見たくないものや目を背けたいものが 
関係しているかもしれません。 

それは、自分自身の内面であったり、 
現在おかれている状況かもしれません。 

自分自身が一体何から 
目を背けたいのかに気付かなければ、 
症状は再発するか、 
もっと(より重度な)別の形をとって 
現れる可能性があります。 

自分自身と徹底的に向き合うこと。 
つまり、「汝自身を知れ」 
やはりこれは、はずせないのです。